スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『美川浪漫劇場』第2回:可愛さあまって憎さ百倍
2005年11月09日 (水) | 編集 |
title.jpg


――もう、信じられない!
ロマンの顔にはそうはっきりと書いてある。
こんな機嫌の悪い時のロマンに近寄ることができるのは、少数の例外を除いてまずいない。
ロマンが不機嫌な理由は火を見るより明らかだ。なぜなら今回の親善試合、例の本命の――ロマンの最愛の選手は召集されていない。だが今回の対戦相手は親善試合といえども因縁のイングランド、またもや仮病をつかって召集を拒否するわけにはいかないし、代表ではキャプテンをつとめるチームメイトのソリンの面子を潰すことになる。だがしかし、今回の遠征、気乗りしない理由が実はもう一つあった――。

「うん、大丈夫。平気だよ、もう歩けるようになったし――。うん、わざわざ電話くれてありがとう。がんばってね、そっちも。それじゃあ、また」
 ――フォルラン?一体誰とそんなに嬉しそうに話してるの?
 いや、ロマンには分かっているのだ。フォルランの電話の相手も、そして笑顔の理由も。
 でもフォルランはこの間のベンフィカ戦で怪我をした。肉離れで三週間の戦線離脱――、ウルグアイ代表としてのプレーオフ、そして何より古巣であるマンチェスターユナイデットとの試合が待っているのだ。なぜこんな時に限って――、もちろん怪我で試合に出られない苦しみはロマンには痛いほどよく分かる。そんなフォルランの悲しげな表情は見たくないが、それ以上に試合が終わった後、「元・同僚」と楽しそうに会話するあの表情もまた見たくないのだ。――ロマンの思考はいつもここで停止する。矛盾している。それは自分でも分かっているのだが、この複雑な思いを抱いたまま、自分はイングランドに行かねばならないのかと思うと……ロマンは憂鬱そうに深いため息をついた。

 そうこうしているうちに、出発の時間となってしまった。とりあえず、留守番のフィゲロアに様子をメールで報告するように言いつけておこう。
「それじゃあ行ってくるわよ、フィゲ」
「はぁーい、行ってらっしゃーい。お土産はローストビーフでいいでーす」
「バカ!観光に行くんじゃないんだから!そんなことより……、あらフォルランはどこよ」
「フォルランさん?プレーオフ出るからってウルグアイに帰っちゃいましたよ」
「ど、どうしてですかロマン先輩!イタタ……頭だけはやめてくださいよぉ」


※これはあ・く・ま・でフィクションです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。